Happy Valentine's Day!!!



女の子のママたちが娘さんとのチョコレート作りに忙しいのが羨ましくて、
今日は久しぶりにケーキを焼いてみました
製菓用品の入ったダンボールを開けたのは引越し以来
レシピファイルにめざすチョコレートケーキがなくてオロオロ
ネットで似たレシピを探して作ってみました。
手作り感溢れる仕上がりになりました
これ、小麦粉を使っていないんですよ。
しっとり系のケーキです。

ダンナは出張、下の子は彼女とデート。
このケーキ、彼女のいない上の子と今夜食べることになりそうです

...read more

【2012/02/14 16:13】 クッキング | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

ケランチムに挑戦中^^☆



寒い日が続いてあったかいものが食べたいなぁ〜と思い
韓国料理屋さんで食べた『ケランチム(卵蒸し)』が家でもできないものかと検索してみたら、たくさんのレシピがヒットしました。
写真のケランチムは3作目です

卵液はお鍋の大きさによって違いますがうちの1人用の土鍋だと
卵  M3個
だし汁 1カップ(昆布・いりこ・ダシダ お好みで)
塩  (塩加減はお好みで)
(あったら アミ塩辛 か カナリエキス)
みりん  小1
を混ぜておきます。

土鍋に(キッチンペーパーでササッと)ごま油を塗って火にかけます。
卵液を入れ、スプーンで固まってきた鍋肌からサックリサックリ混ぜて
7割ぐらい火が通ったら蓋をして弱火で1〜2分。
青ねぎを散らして出来上がり〜〜

1作目は昆布だしで
2作目は昆布・いりこだしで (私はいりこを入れたほうが好き

いろんなレシピに登場するアミの塩辛は鶴橋に行かないと手に入らないかなぁ〜と思ったら、
マックスバリューで発見

写真の3作目のレシピは
卵3個
昆布・いりこの出し汁 1カップ
みりん 小1
アミの塩辛 大1(塩は入れなくても大丈夫でした) 
青ねぎ 少々 です。

ふ〜っくらやさしいお味であったまりますよ〜〜
簡単なのでお試しあれ〜〜〜
そうそう出来たてをいただかないと しぼんじゃうので、最後に作ってくださいね

【2012/02/11 02:11】 クッキング | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

ホットック作りに挑戦^^v




7月に新大久保で『ホットックミックス』を買ってきてたんですが、
土曜日に家族のリクエストでやっと重い腰を上げ、作ってみました

ホットックを初めて食べたのは、2004年3月に行った初の韓国旅行。
(このときはホニ〜のことまだ知らなかったですが
夜に仁寺洞を散策しているときに 屋台で売ってるのを食べて、

おいしい〜〜〜
 かなりな感激でした

ホットックミックス

箱の中には、ホットックミックス・ドライイースト・  
 ジャムミックス(ナッツ入りシナモンシュガー)が入っています。

ボウルにドライイーストとぬるま湯を入れ、
 ホットックミックスも入れ、ヘラでよく混ぜ合わせます。
(水じゃなくてぬるま湯のほうがいいかな・・・とぬるま湯でやってみました。)

生地がうまくまとまらないわぁ〜(汗)
なめらかにならないわぁ〜(汗)
と焦っていたんですが、全然ケンチャナ〜でした^^v
結構アバウトでもおいしくできます!!!

生地をひとつにまとめ、ボウルにラップをして、常温で発酵させ(約30分)、
 2倍になったらしゃもじでガスを抜きます。

いよいよ焼きです。
 低温〜中温にしたホットプレートに 少し多めにサラダ油を入れ、
 油を塗った手で、生地を適量取り、お饅頭を作る要領で手のひらで広げ、
 中にジャムミックスを入れ、閉じます。
 それを閉じ目を下に焼きます。
 (大きさはお好きな大きさでOKですよ〜^^)
 焼き色が付いたらひっくり返し、少し焼いてから、上からフライ返しで押さえます。
 (お店には専用のホットック押しが売っていましたが、フライ返しでOK!)
 焼き色が付きすぎるようでしたら、ホットプレートの温度を弱めてください。

焼き方はこちらを参考にしてください。




↑のようにできあがり〜大好評でした
家族は出来上がるのを待って次々口に運んでいましたが、オンマはひたすら作るのみ〜〜
やっと最後の3枚は写真撮るから〜〜!って置いててもらいました。

小さめで作るとたくさんできますよ〜^^

機会があったら ぜひお試しを〜〜 オススメです

【2008/09/25 18:01】 クッキング | TRACKBACK(-) | COMMENT(11)
top>>